2010年7月6日火曜日

(500)Days of Summer















『(500)日のサマー』という映画を見ました!
サマーという女の子に出会ってからの500日間を男の子目線で描かれたストーリー。
切ないのに元気が出る、とっても素敵な映画でした。

(少々ネタバレしますが…、)
運命の恋を信じる主人公のトム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)はある日サマー(ズーイー・デシャネル)という少し風変わりな女の子に出会い一目惚れをする。音楽で意気投合しサマーこそ運命の人と信じるトム。サマーもトムに好意を持ちデートを重ねる、こんなにも楽しいのに、二人の間にはなぜか縮めることのできない壁。
それはサマーは本気で恋をしようとしないなんてこれぽっちもおもっていなかったから。
気軽な関係を求めるサマー。それを承知しながらもサマーの気持ちが変わってくれたら…と交際を続けるトム。




ああ、片思いってなんでこんなにせつないんでしょー??
男の子目線なのも尚良い。あんな一途な男の子いるのかなぁ。
トム役のジョセフ・ゴードン=レヴィットは私初めて見た俳優さんだけど、かっこいいですね!笑った時に目が細くなるとこが好き。
後半のオールバックにしてるのとか胸キュンしてしまいました♡
違う作品も見てみたいなー。


また音楽がとっても良かったんです!(私の映画好みは7割強音楽で決まります。笑)
サントラ買っちゃったもん♪
オープニングで流れるRegina Spektorの"Us"は一気に引き込まれるし、
Temper Trapの"Sweet Disposition"は恋する気持ちを盛り上げてくれます!
キーポイントのThe Smithはもちろん、カーラブルーニやFeist、サイモン&ガーファンクルなんかも入ってて選曲がオシャレ。

そしてカラオケで歌うズーイーがめちゃくちゃかわいい。
ファッションもかわいい。ああいう着こなし大好き♡
ズーイーは『あの頃ペニーレインと』といい60~70Sな着こなしが似合うね。
彼女、She & Himというデュオを組んでアルバムも出してます。いい声。

時系列が交互で進むストーリーも面白かったし、
映像も凝ってて見応えありでした。
特にサマーと初めて結ばれた日の翌朝。
行き交う人がみんな祝福してくれて最後にはミュージカルばりのダンスを始めたりして、まさにバラ色の世界!
世界ってこうまでも変わるよねーって微笑ましい♪

一生懸命恋をする姿ってやっぱズキュンときますね。
見終わった後もずっと考えちゃいました。
恋とか運命とか久々に考えちゃいましたよー。笑





































この映画の最後に出てくることばを使って、
運命ということを考えてみた時、
出会うべくして出会ったと考える時、
何かしくまれたものがあるとして、でもやっぱり壮大な宇宙レベルの出来事を自分たちの日常で測ろうなんて難しいことで、
結局、偶然ということでしかまとめられないんだろうね。


全てのことは"偶然"なのかもしれないけど、
自分が本気なら一生懸命やってみる!
私はそれで良いと思います!

きっと運命も偶然も紙一重なんですよ♡

おすすめなので見てください。
元気の出る映画です。
ぜひぜひ!

2 件のコメント:

la lune さんのコメント...

この映画こっちの友達に初めてDVD借りて観た作品です!!
仏語だったのでだいたいでしか内容わかりませんでしたが。笑
このBLOGの記事を見た時、かなりビックリしました!!

mamei さんのコメント...

ほんとですかー!!
素敵な作品ですよね♪何度も見返したくなります。
これ久々に私の中でヒットでした^^
五月さん、フランス語で映画見れるなんてかっこいいですね〜!